このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

労働時間が週に50時間を超えるとヤバイって話。

今回はタイトルにある通り。

「労働時間」に関して、面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

まず注意しておいて欲しいのは、労働基準法的にどれぐらいの労働時間がセーフで、アウトかっていう話はするつもりはなくって。

(それは別のサイトを調べれば、いっぱい出てくるので)

脳の働き的に、「どれぐらいの労働時間から集中力は衰えて、認知機能が低下するのか?」っていうのを伝えるのが、この記事のテーマなので、あしからず。

そんな労働時間と脳の働きの関係ですが、結論から言えば「週に5〜60時間の労働時間」を超えると、記憶力が低下し、脳の回転が鈍くなり、パフォーマンスが激減することがわかっています。

根拠

まず根拠から。

これは慶應大学とメルボルン大学が2016年に行なった研究が元になっていて。

(※参考文献

この論文によると、6500人の被験者を集め、その被験者に対して「普段の仕事ぶりや労働時間」などをリサーチしていきました。

その後、集まってもらった被験者に記憶力や集中力などの認知テスト行なってもらい、労働時間と頭の働きに関して調べていきました。

その結果わかったのは、労働時間が週に5〜60時間ほどになると、記憶力がガクンと低下し、頭の回転は遅くなり、集中力が激減する傾向にあることがわかりました。

合計3つの認知テストを行ったわけですが、記憶力や集中力ともに、数値が最も高かったのは労働時間が週に25〜30時間ぐらいの人たちだった、ということも明らかになりました。

つまり、週の労働時間が5〜60時間=週5日勤務で1日10時間労働ぐらい働いている人は、働きすぎであり、総じてパフォーマンスが低下する傾向がある、ということが、この研究から明らかになったことでした。

理由

ではなぜ、労働時間が週に5〜60時間を超えると、脳の働きが低くなっていくのか。

これは色々な理由が挙げられて考えられていますが、「生活サイクル」が原因ではないかとされています。

というのも、僕らホモ・サピエンスというのは、もともと狩猟採集をして暮らしていました。

狩猟採集っていうのは、要するに「その日暮らし」で、獲物を狩って食べて生活していたわけですね。

そこから稲作文化が根付いてきて、畑仕事や稲作仕事をするようになっていきます。

このことによって「安定的」に食料を確保できるようになったものの、この時期を境に「労働時間」が急激に倍増したと言われています。

つまり、農業革命によって、生活サイクルが急激に変わり、一気に労働時間が長くなっていったということで、それは人類の歴史から考えると「つい最近の出来事」になるわけです。

現に、アフリカの原住民なんかで狩猟採集をしている民族は、労働時間が週に25〜30時間程度で、そのほかは睡眠や趣味、遊びなどをして、今も暮らしています。

一方で安定的に食料を確保するために、週に5〜60時間の労働時間をするようになった文明人は、この生活サイクルに適応できていないとされています。

だから現代の長時間労働に体が対応していないため、脳機能が低下し、集中力や記憶力、頭の回転といった機能が衰えてきてしまう、というわけなんですね。

狩猟採集から稲作になり労働時間は一気に増えたが、体や脳は追いついていない。

このギャップが、脳の働きを低下させる原因だとされています。

応用方法

そう考えると、日本っていうのは、1日10時間とか、12時間労働が結構当たり前に存在して。

デフォルトで残業がセットだったりします。

それはある意味「パフォーマンスや生産性を下げる行為」でしかないので、はっきり言って無能な経営者って見られても致し方ない感じがしますね。

本当に生産性が高くしたいのであれば、短い時間で終わらせるように工夫し、最大限脳が働く時間内で終わるようにパフォーマンスを高めたほうがはるかに有意義であることがわかります。

メルボルンと慶應大学の研究でもある通り、最低でも週に30時間で終わらせるようにしたほうが、GDPも幸福度もどちらも高くなると思いますね。

週30時間なら、週5で1日6時間。

週25時間なら、週5で1日5時間。

ぶっちゃけこれぐらいの時間があれば、「本当に重要なタスク」は終わりますし、無駄を徹底排除すれば手に余る労働時間です。

経営者はここら辺を結構考えないと、危ないっすね。

まとめ

最後にまとめておくと。

約6500人を対象にした認知テストの結果、労働時間が5〜60時間の人たちは、記憶力や集中力が低く、パフォーマンスがかなり低かった。

一番記憶力や集中力のパフォーマンスが高かったのは、労働時間が25〜30時間の人たち。

それ以上の労働時間は、狩猟採集時代から稲作時代へと移行し、劇的に労働時間が長くなったが、人類の歴史を見ると最近「急激に労働時間が増えたため」まだ体が追いついていないため、脳が処理しきれず、生産性が下がる。

つまり総じて「1日5〜6時間の労働時間の中で、どうやって終わらせるか?」を考えることが重要で、そのため無駄を徹底的に省くことが重要。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする