このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

体を壊しやすい職場の特徴がわかっていたって話。

今回はタイトルにある通り。

「体を壊しやすい職場」ということの中で面白いコトを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

まず結論から言ってしまうと、「自由度が低い会社」は結構危ないんで気をつけた方がいいです。

体を壊す職場とは

これはロンドン大学が行った研究が元になっていて。

この研究では公務員の人たちを集めて、2つのグループになって調査を行っていきます。

何故公務員なのか?というところですが、実は公務員というのは、同じ職種でありながら「自由度が高い、自由度が低い」と言った違いが顕著にある職業なので、ピックアップされたのでした。

ここでいう自由度とい言うのは、スケジュール管理を自分で設定することができるのか?と言った部分や決定権がどれぐらい与えられているのか、また上司や役職ある人たちにどれぐらい意見ができるのか、などなど。

これらを測定し「自由度」と言うものを数値化していきました。

さらにその上で。

自由度との健康リスクとの相関性を取るために、喫煙者で自由度が高い人たちと、非喫煙者で自由度が低い人たちとの2つのグループに分けて、調査して行きました。

つまりは、タバコを吸うのと自由度が低い職場と、どっちの方が健康リスクは高いのか?って言うのを調べて行った、と言うことなんですね。

そこで判明したのは、

  1. タバコを吸うが自由度が高い人
  2. タバコは吸わないが自由度が低い人

この2つを見比べて行ったときに、健康リスクと言う観点から見ると「タバコ」よりも「自由度」の方が、体に与えるダメージには影響が強いことが判明しました。

具体的には、「2.タバコは吸わないが自由度が低い人」と言うのは、体を壊す割合が高く病気になりやすい傾向にあった。

また慢性的な病気にかかる割合も高く、健康リスクは「自由度に大きく影響する」とロンドン大学の研究論文では発表されています。

当然タバコが健康に悪いことは明白ですが、「タバコは吸わないのに自由度が低い」と言う人の方が病気になりやすい傾向にあるコトを考えると、

タバコ<自由度

リスクに対して、この図式が成り立ちます。

ということは、今の職場、あるいは転職しようとしているところが、スケジュール管理を自分でさせてくれないだったり。

はたまた、上司に意見できない職場だった場合は、「自由度が低い」と言うことになるので、気をつけた方がいい、ということ。

これは結構衝撃的な結果でしたね。

職業満足度が低く、離職率も高い

さらにそれだけではなくって。

自由度が低い、融通が効かないと言う部分は「満足度」に関しても低くなることがわかっています。

転職する際、必ず離職率を見た方がいい恐ろしすぎる理由。

この記事では台湾での研究を紹介していますが、この研究によると。

やはり自由度が低い職場というのは、満足度が低下し、ストレスは高まり、その上「離職率」も大きくなることがわかっています。

だから、自由度が低い、と言うのはそれだけで様々な悪影響をもたらす、ということなんですよね。

ストレスは腰痛の原因かも

んで。

さらに言ってしまうと、ストレスというのは色々な面において悪影響をもたらすことがわかっています。

これはもちろんそのストレスに対してきちんと対策すれば、ある程度対応でき「ストレスそのものが悪い」というわけでは決してないです。

が、対応もせず嫌なストレスがたまると、当然体を壊す原因となり、悪影響は広がっていきます。

腰痛の原因は仕事におけるストレスに原因があった。

この記事で紹介した研究はかなり面白くて。

「腰痛の原因はほとんどが分かっていない」ということが言われています。

その上で「原因として考えられるのはストレス」というふうにもコメントしています。

つまり、ストレスと腰痛とはかなり密接な関係にある、ということ。

ストレスと聞くと精神的なダメージや疲労のことを想像してしまいがちですが、「肉体的ダメージ」にも影響してくることが、上記の研究からも明らかです。

ストレスから逃げてはいけない恐るべき理由。

またストレスを抱えると生産性が落ち、仕事自体が雑になることもわかっています。

自由度が低いとストレスが溜まり、そのことにより身体的なダメージや仕事の生産性にも大きく関わってくる、ということが見えてくるわけです。

まとめ

最後にまとめておくと。

体を壊しやすい職場というのは、自由度の低い職場である。

自由度が低いと言うのは、タバコよりも健康リスクが高く、病気になる可能性が高くなる。

また腰痛などの原因もストレスから来ているとされ、自由度が低いとストレスがたまるため、身体的ダメージも想定される。

まとめるとこんな感じ。

だからこそまず僕らができる対応策としては、自由度が高い職場に転職する、あるいは今の職場を自由度が高いものにする。

こう言ったことから始めるのがいいと思います。

自由度いうのは、

  1. スケジュール管理
  2. 決定権
  3. 上司や社長などに意見が言える

これらから推測するとはかれる。

また「ストレス」単体でも対応するとなお効果的で。

睡眠や他人に親切にする、ということがストレス対策として効果的なので、一度やってみるといいと思います。

睡眠が不足するとストレスが30%も高まることが判明!

睡眠に対しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

ストレス発散するより劇的に効果が実証されたアレの話。誰でも今すぐに出来る!

他人への親切に関しては、こちらの記事を参考にどうぞ。

要するに、職場からのアプローチとストレス単体でのアプローチの2つのベクトルから対策する必要がある、ということですね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする