このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

アフィリエイトブログでどれぐらい記事が溜まれば、まとまった収益になるのか

今回はタイトルにある通りなんですが、以前メルマガ読者の方から「私は現在アフィリエイトブログを作成しようとしているのですが、一つ質問させてください。アフィリエイトブログでまとまった収益を稼ぐためには、どれぐらいの記事が溜まれば安定して稼ぎだせるのでしょうか。個々のブログや書いている記事の内容によるとは思いますが、目安みたいなのがあれば教えていただきたいです」

ってな質問をもらったんですね。

なので今回は、アフィリエイトブログにおいて、「どれぐらい記事が溜まればまとまった収益になるのか」ということに関して解説していきながら、質問に答えていこうと思います。

先に結論から言ってしまうと、「3000文字の記事を200記事」ぐらい溜まれば、まとまった収益につながっていくかなとは思います。

3000文字の記事を200記事ブログに投稿する

では早速。

どれぐらい記事がアフィリエイトブログに溜まれば、まとまった収益につながるのか。

これは先ほど伝えた「3000文字の記事を200記事」っていうのが一つの目安になるかな?っていう風に思いますと伝えました。

これは僕自身の経験談からで、僕自身がまとまった収益をブログのみで稼ぎだすようになったのは、このあたりの記事数がブログに溜まっていた時から、収益が安定しだし、まとまった収入を稼ぐようになりました。

この「まとまった収益」っていうのは、どれぐらいの収益を指すのか?っていうことですが、僕が以前サラリーマンとして働いていて稼いでいた月収が25万円で、それを超える「30万円」をアフィリエイト報酬としてもらえるようになったのが、このころだったと思います。

なので、まとまった収益を30万円と仮定したときに、「3000文字の記事を200記事」ということが一つの目安になるのかな?っていうのが個人的に感じている指標です。

もちろんこれは人によって異なってくると思うし、マネタイズやアフィリエイトの商材によっても異なってきます。

後は、記事の質だったりによってもアクセスは全然異なってくるので、一概に「3000文字の記事を200記事」投稿したからと言って、全員が稼げるようになるとは言えません。

ただ、今回質問をくれた方は「個人差があるのは前提として」ということだったので、あくまで僕個人の話として一つの目安を伝えさせてもらいました。

記事は質と量を担保する

でね。

確かに今回質問をくれた方のように「どれぐらいブログに記事をため込めばいいのか」っていうことを気にある人はいると思うし、「どれぐらいブログ記事を投稿すれば、まとまった収益につながるのか」っていうことを気にする人は多くいます。

もちろんブログ記事の数が多いに越したことはないし、それはアクセスにおいての玄関口になるので、量が大いに越したことはありません。

ただ、大切なのは「質」も同時に大切になってきて、全く価値のない記事を量産しても、それは全くアクセスにつながらないわけですね。

僕のブログでは何度も言っていますが、質を担保しながら量をこなす。

これがブログ記事の投稿に関して最も大切になってくることです。

質を担保するっていうのは、めちゃくちゃ単純化して言い換えると「3000文字」ぐらいのボリューム感が”最低でもほしい”ということ。

あくまで最低ラインが3000文字っていうことです。

内容によっては5000文字を超えるときもあるし、7000文字を超えることもある。

場合によって1万以上の記事にあることだってあります。

こんな感じで、3000文字っていうのは文字通り「最低ライン」なんですよね。

これぐらいの質を担保しつつ量をこなす。

この2つがそろって初めて「良質な記事が溜まったブログ」になるわけですね。

振り返るとあの時の初心者の頃って、本当にブログにコミットしていたので、ブログに全労力を注いでいました。

僕の場合1日5記事とか投稿していましたからね。

しかも1記事3000文字は絶対に下回らないように投稿していたので、そのフルコミット具合が理解できると思います。

結構こういったネットビジネスって甘い言葉で誘う人が多いので、こういうリアルなことをいう人は少ないわけですが、僕はそんな甘い言葉では誘わないし、リアルしか伝えない。

でもこうやって確実取り組んでいけば、結果が出る世界、結果が直接自分に返ってくる世界は少ないと思っているので、僕はこれ以上のものはないかなって思っています。

LTVを高める

んで。

上記のような活動量をこなしていると、徐々にグーグルにも認められてきて、アクセスが増えてきます。

じゃあ、アクセスが増えれば単純に比例して売り上げも伸びていくか?っていうと、そこは少し難しいところで。

売上は伸びていくんですけど、本当の姿っていうのは、指数関数的なグラフを描くんですね。

アクセスが増えるが、売り上げはもっと増える。

言葉にするとこんな感じで、特に工夫もしなければ「アクセスは増え、売り上げも増える」ってな具合。

要するに、LTVを上げる施策っていうのが、めちゃくちゃ効果を発揮しだすんですよね。

だから、「とかく記事を上げれば売り上げは倍増する」っていう考えも少し違くって。

「LTVを最大化したブログにアクセスを流す」っていうことをすることによって、めちゃくちゃ収益化が高まっていきます。

LTVっていうのは、「ライフタイムバリュー」の略称で、簡単に言えば「売り上げを最大化するための施策」っていうことです。

当時、「3000文字の記事を200記事」を1日5記事ペースで更新していて、かなりアクセスは上がるようになっていったんですね。

そこから、売り上げも伸びていったんですが、ブログ内の「漏れ」っていうのを気にするようになって。

ザルに水をためようとして絶対に溜まらないのと同じで、ブログに訪れてくれている人が、すぐに離脱していってしまう。

そんな状況をどうにか改善しようとしたり、メルマガのステップメールに力を入れたり。

そうした施策がアクセスが集まることによってハマりだして、まとまった金額を稼ぐようになりました。

だから、まとまった記事数をブログに投稿することっていうのも大事だし、アクセスを増やすっていうことも大切なんですが、「適当に広告を貼り付けておけばいい」っていうのは全然違って。

アクセスが増えた後っていうのは「ブログの漏れをなくす作業」っていうのが、必要なんですね。

ここまでくると、本当にまとまった収益につながるし、ブログはめちゃくちゃ効率のいい収益モデルにもなるので、ぜひ頑張ってほしいなと思いますね。

まとめ

ちょっと長くなったので最後にまとめておくと。

どれぐらいの記事数がブログに溜まればまとまった収益となるのか。

僕の体験談としては「3000文字の記事を200記事」ブログに投稿したときから、まとまった収益となり始めた。

3000文字というのは最低ラインで、質が担保されていない記事に価値はないので、記事数を漠然と投稿しても意味はなく、質の高い記事を多く投稿することによって価値ある情報につながる。

またアクセスが集まってくれば、必然的に収益が上がるのではなく、LTVを高める施策を行うことによって、アクセスが増えれば、収益はもっと増えるという構造があるため、ブログの漏れを改善していくことによって、よりまとまった収益を生み出すブログに変貌する。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする