このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

夢や目標は口に出した方が達成しやすくなる?科学的な答えがこちら。

今回はタイトルにある通り。

「夢や目標というのは、口に出して言った方が達成しやすくなるのかどうか」ということに関して、面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

まず先に結論から伝えてしまうと、「夢や目標は口に出して周りの人に伝えた方が達成率は高くなる」というのが、科学的な答えです。

なので、ビッグマウスと言われるスポーツ選手やアスリートなんかがいたりしますけど、あれは目標や夢に対してのアプローチとして「科学的に正しい選択」をしている、ということになるわけですね。

口に出した方が1.65倍も達成率が上がる

ではなぜ「夢や目標は口に出して周りの人に伝えた方が達成率は高くなる」と言えるのか。

その根拠に関して解説していくと。

チリの経済学者であるフェリペキャスト教授と、ハーバード大学のダイナポメランズ教授とが共同で行った研究がベースとなっていて。

この研究では自営業者の被験者を集め、2つのグループに分けて行きます。

  • 貯金の目的と金額を公表したグループ
  • 貯金の目的と金額を公表しなかったグループ

この2つのグループの被験者をそれぞれ追跡調査をしていき「どちらの方が貯金額が高く目標を達成できたのか」を調査していきました。

その結果判明したのは、公表しなかったグループに比べ公表したグループの人の方が目標達成率が高く、貯金額のその割合は約65%も上回っていることが判明しました。

約65%ということは、貯金の額が100万円だった場合、公表した人の方が165万円に相当し、倍率に直すと1.65倍も目標を達成しやすくなる、ということがこのフェリペキャスト教授とダイナポメランズ教授のハーバード大学の論文から見えてくるわけです。

なぜ口に出した方が達成率が高くなるのか

ではなぜ「貯金の目標や金額を公表した人の方が達成率が高かったのか」

この部分を解説していくと。

フェリペキャスト教授とダイナポメランズ教授のハーバード大学の論文では「認知的不協和」が原因であるとしています。

認知的不協和という言葉を知らない人のために解説しておくと、認知的不協和というのは心理学用語で、「矛盾した考えが同居した際に怒る感情」です。

先程の貯金の研究に当てはめていくと、「貯金の目的と金額を公表する」ということによって、理想の自分が生まれます。

ただ一方で現状は「貯金ができていない状態」です。

この理想と現実とのギャップを感じた際に弾き起こる心理状態が「認知的不協和」。

そして大切なのは、僕ら人間はこの認知的不協和を「解消したい」と願い行動する習性を持っています。

先程の例でいえば「貯金の目的や金額を公表した場合」、まだ貯金ができていない現実の自分とのギャップを埋めるように「なんとか貯金をするように努力する」ように働きかけます。

つまり、公表したり夢や目標を口に出すことで、まだ達成していない自分と理想の自分との間のギャップを認識することで、認知的不協和が生じ、その矛盾を解消するために「貯金を頑張る」という努力をするようになった、ということが言えるわけですね。

そのため、口に出して公表しなかったグループよりも1.65倍も、貯金額の割合が高かった、ということが言えるわけです。

目標達成率を上げる具体的な方法

このことを踏まえると、冒頭にも伝えた通りで、よく巷にある「夢や目標は口に出して言った方がいい」or「言わない方がいい」という論争があったりしますが、科学的なアンサーとしては「口に出して夢を語った方が、自分を追い込めるようになるため、達成率が上がる」というのが科学的な答えとなります。

とうぜんフェリペキャスト教授とダイナポメランズ教授のハーバード大学の論文では、「貯金」に対しての研究なため、夢の規模や目標の代償によっては達成率は変動するでしょうが、「上昇する可能性が高い」ということは否定できない要因だと思います。

また、よくスポーツ選手なんかでも「ビッグマウス」と呼ばれる人たちがいますが、あれは理にかなった行動で、「口に出すことであえて自分を追い込むように仕向けている」ということが言え、科学的には正しいアプローチであることがわかります。

FULL POWER:科学が証明した自分を変える最強戦略はすげぇ良書だった!書評と感想をレビュー!

実際にFULL POWERという書籍の中で「ジョンバーク」という作曲家の話が出てきますが、全く同様のことを行っています。

SNSで次期アルバムを事前に告知し、周りにも公表することで、自分を追い込み目標を達成していく。

自分が成長し夢を叶えるためのステップが、ジョンバークは「システム化」されている。

そんなふうにFULL POWERという書籍の中で紹介されています。

(この本はかなりおすすめなので、一読することをお勧めします。)

僕らみたいな凡人が、超有名な作曲家と同じようなプレッシャーや作品を提供できるわけはありませんが、「システムを真似る」ということは十分に可能で。

「周りに公言することで、夢や目標の達成率を高める」ということは、すぐに真似ができそうです。

周りの友人に夢を語ることでもいいですし、家族に年収をアップさせる、と公表してもいいかもしれません。

またジョンバークのようにSNSで事前に告知してしまう、というのも有用なやり方だと思います。

まとめ

兎角どんな方法であるにせよ、「夢や目標は口にした方が達成率は高くなる」というのが、科学的なアンサーであり、伝え方はその人によって変えても構わない、というのが今回のまとめになります。

一応少し長くなってしまったので、一連の流れをまとめておくと。

フェリペキャスト教授とダイナポメランズ教授の研究において「公表した人の方が貯金という目標達成に関しては達成率が高く、割合も65%も上回っていた」

このことから、夢や目標に関しては、口に出して周りに伝えた方が、達成率が上がる可能性が高い。

その理由は「認知的不協和を解消したい」という人間の欲求をうまく利用することで、「ギャップを埋めるために努力をするようになる」ことから、達成率が高くなったと考えられる。

応用方法としては、周りの友人や家族に口頭で伝えてもいいし、SNS上で発信してもいい。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする