このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

仕事に行き詰ったときほど息抜きをすべきである理由。

今回はタイトルにある通り。

「仕事に行き詰ったときの対処法」に関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

先に結論から伝えておくと、仕事に行き詰ったときほど「仕事とは関係ないこと」をすべきで、そのことによって逆に仕事に対していいアイデアが浮かびやすく解決につながる、ということが分かっています。

なので、なるべく仕事に行き詰まったりした場合は、あえて仕事から距離置いたり趣味に時間を費やしてみることをお勧めします。

仕事に行き詰ったときはあえて距離をとる

ではさっそく。

仕事に行き詰ったときほど、息抜きをしたほうがいいのか。

その根拠から解説していくと。

これはカリフォルニア大学が行った研究がもとになっていて。

この論文では、45人の研究者と53人の小説家やジャーナリストを対象にしてある研究が行われました。

その研究というのが「発想やアイデアが求められる仕事の人たちが、創造性を高めるときに共通していることや条件とはなにか」といったことを調べるために、カリフォルニア大学は研究を進めていったんですね。

被験者である「研究者」や「小説家」という職種の人を見てみてもわかる通りで、創造性や発想力が求められる仕事の人たちを対象にして集めています。

その上で、彼らに対して毎日ランダムな時間帯に「何かいいアイデアは浮かびましたか?」といった旨のメールを送ります。

そうして、「良いアイデアが浮かんだ時に共通すること」を調べていったわけですが、メールをランダムで送ることを2週間続けた結果、あることが判明しました。

まず1つ目に、クリエイティブなアイデアや発想の約20%は仕事とは関係ない箇所で生まれていた、ということ。

そして2つ目に、仕事とは関係ない場所で浮かんだアイデアのほうが、アハ体験を感じやすい、ということ。

そして3つ目に、仕事とは関係のない場所で浮かんだアイデアは、斬新かつ新しいアイデアで、質も高かった、ということ。

この3つが、研究者や小説家など、アーティスト活動をする人たちに共通していることでした。

つまりこのカリフォルニア大学の研究からわかることというのは、「仕事に行き詰まったら、あえて仕事とは無関係のことを行うことによって、解決するための斬新かつ良いアイデアが浮かびやすくなる」ということなんですね。

さらに言えば、アイデアの質も高いため、仕事での障壁画そのまま解決につながるケースも考えられる、ということがこのカリフォルニア大学の研究により判明した、ということでした。

なぜあえて仕事から距離を置くこと質の高いアイデアが思い浮かぶのか

では次に。

なぜ仕事とは関係のない場所でアイデアが思いやすく、かつ質や斬新性が高いアイデアが浮かぶのか。

その理由に関しては、「無意識状態において情報をつなぎ合わせている」ことが原因だと考えられています。

というのも、アイデアや斬新な発想というのは、よく言われていることですが「情報と情報の掛け合わせ」で生まれることが分かっています。

書籍:アイデアのつくり方の感想,レビュー!【まとめ】

これは「アイデアのつくり方」という本でも同様に解説されていますが、ダーウィンなどの進化論も、当時からその考え方は存在していて、サルと進化という情報を掛け合わせて生まれたものだとされています。

何が言いたいのかというと、進化論などを代表とする「斬新なアイデア」というのは、まったくの0から生み出されたものではなく、掛け合わせて生まれたアイデアだということ。

その論理が、アイデアのつくり方などでは紹介されているわけですが、仕事とは全く関係のないことに取り組むと、別の視点で物事を考える状態になります。

いわば全く仕事のことを忘れている状態、ということですね。

ただ、「知識」としての情報は脳に蓄積されているので、無意識化に情報と情報とつなぎ合わせる作業を行っているため、良いアイデアが生まれやすい、ということが考えられているわけです。

そして「無意識化で情報と情報とをつなぎ合わせている」この状態こそが、「ひらめいた」と感じる状態で、かつアハ体験につながる状態なわけです。

そのため、よく「良いアイデアが出るのはシャワー中や散歩をしているとき」という研究結果がありますが、同じ理由だったりします。

【良いアイデアを出す】想像力を高めるのに効果的な方法が「時間を置く」+「シャワー」だった件。

アリストテレスも実践していたアイデアの生み出し方がヤベェ!

つまり、仕事なんかに行き詰ったときは、仕事のことばかり考えていても視野は広がらず、新しい知識が入ってこないため、一つの視点でしか物事を考えることが出来なくなっているため、「あえて仕事から遠ざける行為」をすることによって、良い発想や斬新なアイデアが思いつく可能性が高まる、ということが言えるわけですね。

オススメの気分転換法

では最後に。

仕事に行き詰ったときに、どういった気分転換をすればいいのか。

これも科学的に参考にある結論が出ているので紹介しておくと。

まず先ほども紹介した「散歩」というのは、かなりおすすめ。

散歩をすることによって、様々な視点で物事を考えられるうえ、リフレッシュにもつながるので、手軽にできる、かつ運動することによってストレス発散にもつながるので、結構いいと思います。

また、「シャワー」が良い発想を与えるとのことなので、温泉なども効果的です。

なかなか温泉には行けない、という方は「スーパー銭湯」などにあるサウナもかなり効果が高いことが分かっているので、スーパー銭湯でもいいかもしれません。

「医者が教えるサウナの教科書」を要約!+読んだ感想レビュー!

その他にも効果的な気分転換の方法は実在しているので、参考になる記事をいくつか添付しておきますので、気になる方は参考にしてみてください。

メンタル強化に効果的な休日の過ごし方!気分転換やリフレッシュはほぼ意味ない!?

 

本当に効果のある気分転換の5つの方法!旅行や買い物は実は逆効果!

まとめ

少し長くなったので、最後にまとめておくと。

仕事に行き詰ったときこそ、あえて息抜きをしたほうがいい理由は、斬新なアイデアや質の高い発想が浮かぶのは「仕事とは関係のない瞬間」のほうが多いから。

カリフォルニア大学の研究では、以下の3つが判明している

  1. およそ20%ほどは仕事とは関係のない場所でアイデアが浮かんでいた
  2. 仕事とは関係のない場所で生まれた発想ほどアハ体験につながりやすい
  3. 仕事とは関係のない場所で浮かんだアイデアほど、斬新なアイデアや質の高い発想が生まれやすかった

上記の理由から、仕事に行き詰ったときはあえて仕事から距離をとり、息抜きをしたほうが、逆に仕事につながる可能性が高まる。

またおすすめの気分転換法は、

  1. サウナ
  2. 散歩
  3. シャワー
  4. 趣味
  5. 新しいことにチャレンジする

これらのことが考えられる。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

 

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする