このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

Facebookを今すぐ辞めた方がいい理由。

今回はタイトルにある通り。

「フェイスブック」に関して、面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

それっていうのが、フェイスブックを利用頻度が高い人ほど、ストレスを感じやすく、幸福度が下がっていく、ってことが判明しました。

だから、ビジネスとかで活用しているケースを除いて。

普通にsnsとして友人の近況なんかを知りたいがために、Facebookをやっている人がいれば、辞めた方がいいかもですね。

それと同時に、インスタやツイッターも同様のことが言えるので、snsはあんまりお勧めできないって感じですね。

根拠

まずは根拠から。

これは「happiness institute」というところが、行なった研究が元になっていて。

この研究では、Facebookユーザーである被験者1095名を集めて、幸福度やストレスレベルをチェックしていきます。

その後に、2つのグループに分けていきました。

1つ目のグループというのが、そのままFacebookを利用し続けてもらったグループ。

もう1つが、Facebookをきっぱりと辞めてもらったグループ。

この2つに分けて、1週間後にストレスレベルや幸福度などを測定していき、どういった効果が生じたのかを検証していきます。

結構研究はシンプルで「フェイスブックを続けた人たち」と「Facebookを辞めた人たち」の2つに分けて、検証していった感じですね。

その結果、2つのグループには大きな違いが見られました。

まず1つ目の、フェイスブックを続けたグループというのは、当然「幸福度」に関して特段変わるところはなく、ポイントでいうと約7.67pから7.75pの間で推移しました。

その一方で、およそ55%の割合で、ストレスを感じやすくなる傾向が見られました。

要するに、Facebookを続けられたからといって、幸福度が高くなることはなく、ストレスはため込みやすく感じやすくなっている傾向にあったということ。

その一方で、わずか1週間Facebookを辞めたグループというのは、約18%も割合で幸福度が高まっていることがわかりました。

ポイントに換算しても、7.56pから8.12pにも上がり、数値的にも幸福度が高い、という傾向が見られたんですね。

要するに、Facebookを辞めたグループの方が、ストレスレベルが低く、幸福度も高くなっていた、ということがこの研究より明らかになったことでした。

理由

ではなぜ。

Facebookを辞めたグループの方が、ストレスが低くや幸福度が高くなっていたのか。

これに関しては、「リアルコミュニケーションが増えた」ということと「比較が減った」といいうことを研究者はあげています。

というのも、フェイスブックをはじめとしたsnsというのは、あらゆるシーンで「比較」を生みます。

Facebookやツイッターなどのsnsを見る時というのは、当然「ヒマ」だから見ているわけです。

その一方で、ネット上ではいわゆる「リア充」である事の投稿がひしめている。

そうなると、「今暇していて充実していない自分に比べて、友人は人生を満喫いている」

そのように比較してしまうため、セルフエフィカシーと呼ばれる「自己肯定感」が下がっていってしまいます。

当然コミュニケーションもネットに触れていると、リアルでの交流の場は減るため、ネットという作り上げた空想の中の「比較」が繰り返されていきます。

インスタグラムなんかでは、当然「盛れた写真」しか公開しませんし、加工した写真を多くの人は載せます。

それを見ている自分は「すっぴん」だったりするので、ここでも「ブサイクな自分と、綺麗な相手」という比較が生まれるため、自己肯定感が減っていく。

このようにして、幸福度が下がり、ストレスがどんどんと溜まっていく傾向にあるわけです。

【危険】インスタグラムをやめるべき理由。

この点では、イギリスの研究なんかでも同様のことが言われていますね。

応用方法

じゃあ、どうしていったらいいのか。

ということですが、僕がまず行ったのは「全snsをやめる」ということ。

もうこれが究極的ですね。

というのも、snsをみることによって「比較」してしまい、そのことがストレスと幸福度を下げる原因でした。

とするのなら、「比較してしまうこと」を辞めてしまえばいいわけです。

もっと言えば、「比較してしまう対象のものを避ける」ということをすればいい。

そして「やっている理由が特にない」ということから、僕自身はsnsを全てやめました。

当然辞めてから特段困ったこともないですし、無駄に比較することもなくなりました。

いくらリア充な生活を誰かがしていようが。

綺麗な女の人が旅行の写真を上げていようが。

それを見る機会はないので、作り上げた幻想に惹かれることもない。

その分「自分の世界」を大切にするようになって、きちんと現実を見ることが増えた気がします。

それぐらいきっぱりと「sns断食」をしてしまった方が、ネット上で充実するよりも、リアルの方で充実するし、何よりストレスもかなり減った感覚があります。

というのか、スマホのスクリーンタイムを見ればわかると思いますが、snsを見る時間は何にもならない。

何にもならない時間に、どれだけ無駄な時間を使ってしまっているか。

そう考えれば、snsをやっている意味がわからないし、時間をドブにしてたくもない。

どっぷりsnsにはまっている人からすれば、劇薬かもしれませんが、「ネットで充実したいのか」「リアルで充実したいのか」

このどちらを優先させたいかを考えれば、自ずと答えは出ると思います。

まとめ

Facebookなどのsnsをやったところで幸福度は上がらず、ストレスレベルは高まる。

逆にFacebookを1週間辞めたところ、幸福度は上がり、ストレスレベルは下がった。

その理由は「比較」してしまうことで、自己肯定感を下げてしまうため。

そのため「比較」してしまうような情報は避け、幻想と比較しないことが大切。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする