このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

ジム通いを習慣化する5つのおすすめテクニック集とは。

今回はタイトルにある通り。

ジム通いは元より、運動に関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

僕は何度もこのブログにおいて「運動すること」の重要性を伝えていますので、「今さら」っていう感じがしないこともないですが。

やっぱりという感じで運動する人の方が頭がいい、ということが研究によってまた1つ証明されていますので、それを紹介しておこうと思います。

結論から言えば、ジムに通っている人の方が頭がいいことが判明しています。

ジムに通っている学生の方が頭がいいという研究内容

まずは根拠から。

これはミシガン大学が2018年に行った研究が元になっていて。

この論文では、4843人の大学生を対象に、ある調査を行っていきました。

その調査というのが、「定期的にジム通いをしているかどうか」でグループ分けをしていき、

  1. 定期的にジムに通っている
  2. ジムに通っていない

この2つにグループを分けて、過去のGPAというスコアを調べていきました。

GPAというのは、日本で言うところの「センター試験」。

つまりはセンター試験のスコアが「ジムに行っている」「ジムに行っていない」という人の違いでは、どう変わってくるのか?

ということを調べたのが、今回の研究だということ。

そこでわかったのは、「ジムに通っている」とした人の方が通っていない人たちに比べ、GPAのスコアが0.13pも高いことが判明しました。

大学院進級レベルの効果

0.13pってどれぐらいの変化?

ってことですが、これに関しては大学生から「大学院への進学」であったり、「1個上の学年への進級」というぐらい大きな差だそうで。

そこに学業の取り組みや勉強の時間というのは加味されておらず。

「運動による違い」が0.13pという数字による違いなので、かなり大きい差と言えるでしょう。

しかも研究はミシガン大学ということで、アメリカの大学です。

アメリカの大学とは、単位を取るのも難しく進級するのに一苦労という話をよく聞きますし。

大学院に入れるのはごくわずか、ということも聞くので、それができるぐらいの差というのは想像に難しくないと思います。

またこの研究では単位取得に関しても調べていて。

ジムに通っていないとしたグループは、必要な単位を取得できた割合は60%だったのに対して。

定期的にジムに通っているとしたグループは、必要な単位を取得できた割合は75%だったこともわかっています。

運動するだけでこれですから、その効果っていうのはやっぱり侮れないですね。

なぜジムに通っている学生の方がスコアが高いのか

ではなぜ。

定期的にジムに通っている大学生の方が、GPAのスコアがよかった=勉強もできていたのか。

これに関して研究者は、2つの理由を挙げています。

それが「運動による脳機能の向上」と「誠実性」

この2つです。

まず最初の「運動による脳機能の向上」ですが、下記記事で書いている通り。

朝に20分だけ運動すると得られる効果がエゲツない件について。

運動することによって

  • BDNF
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • セロトニン

こういった脳内ホルモンが出ることがわかっています。

おおよそ聞いたことがある言葉だと思いますが、特にBDNFなんかは脳由来神経栄養因子と呼ばれ、脳の栄養素となる物質が分泌されます。

これらの成分が運動をすることによって分泌されるため、頭がよくなりGPAのスコアも高くなったことが考えられる訳です。

次の「誠実性」に関してですが、これは鶏が先か卵が先かという話ではないですが。

ジムに通うこととは、習慣化し、真面目にコツコツと物事を育むことにつながります。

誠実性があったからジムに通えたのか。

それともジムに通うことによって誠実性が育まれたのか。

どちらが先かは明確ではないですが、こういった誠実性によってGPAのスコアが高かったことが考えられています。

つまり「運動による脳機能の向上」と「誠実性」

この2つの理由によって、頭がよくなったということが考えられる訳です。

5つの応用テクニック集

そして最後に。

応用方法について解説しておくと。

やっぱり研究にある通り「ジムに通う」というポイントを抑えていくのがベストかと思います。

ジムに通うことによって、周囲の環境を作り出すことができるので、「運動する」ということが習慣化しやすいから。

となると問題になるのは「ジムに行けば問題なくできるけど、いく前に億劫になる」というケース。

イフゼンルール

そんな方の場合は、イフゼンルールがおすすめ。

新しいことを習慣化するのに超絶オススメの簡単テクニック!

この記事でも書いていますが、イフゼンルールは習慣化を作るのにかなり強力なテクニックです。

イフゼンルールとは「〇〇なら〇〇をする」というルールを仕組み化する方法のことですが、たとえば。

「プロテインを飲んだらジムに向かう」であったり。

(運動前にプロテインを飲むとより効果的という意見もあったりするため、なおよし)

「仕事帰りにジムに行く」ということでもいい。

要するにジムに行く前に、ジムに行くためのルーティンワークを作り上げる、ということで。

それをすることによって「ジムに行く前の億劫な状態」を回避することにつながります。

これが1つ目の応用方法。

記録する

肥満体型25人が16週間運動を続けられた習慣化テクニックの秘訣とは。

あとはこの記事でも書いていますが「記録する」というテクニックも習慣化するのにおすすめのテクニックです。

具体的には、カレンダーにジムに通った際、「丸をつける」という風に記録するのでもいいですし。

定期的に体重を記録して行ってもいい。

このようにして、記録することが習慣化のテクニックにつながることがわかっています。

パートナーを見つける

子供に手洗いを習慣化させるための簡単すぎる方法!報酬型より23%も高い!

またこの記事でもある通り。

「パートナーを作る」というのも有効な手段ですね。

ですから、「友人同士で通う」という協力関係を作るのもおすすめですね。

そうすることによって、誘惑に打ち勝ちやすくなることがわかっているので、ジムに通いたい友人を誘うのも1つの手。

また物理的に「ジムに通えない」という人もいると思います。

軽い運動にする

そういう人におすすめなのは、下記記事で書いている「散歩」

ぶっちゃけ朝活でやることってこれだけで十分だよね。

これはもかなりおすすめです。

ミシガン大学の研究では、基本的に「ジムに通っているか否か」の調査だったため、運動の強度や密度に関しては特に調査していません。

ということは、ジムに通うということよりも、重要なのは「運動の習慣化が根付いているかどうか」がポイントになってくる。

とするなら、別にジムに無理やり通う必要はなく。

散歩やランニングといった、どこでもできる運動でも全く問題ありません。

時間飢饉のチェック

そして「時間的な制約」が多いのであれば、おすすめは「朝」やること。

その上で「強度の少ない運動」として有効なのが、散歩だったりするので、朝起きてから散歩をするのがいいかと思いますね。

ただ本当に時間が足りていないのかは、過去記事で書いた「時間飢饉」という概念に該当しているケースがあるので、一度チェックしてみるといいと思います。

僕も朝に散歩をする、という運動を取り入れてから、1日のスタートがやっぱり全然違います。

そこからもう朝起きたらとりあえず散歩をする、というのが日課になっていますが、もう毎日やっているほどその効果はやばい。

僕の友人たちには全員にお勧めするほど「散歩」は元より「朝活」はやばいですね。

ぜひ、まずは一度からでいいのでやってみて欲しいなと思いますね。

まとめ

最後にまとめておくと。

ミシガン大学の研究により、ジムに定期的に通っている人の方が、学業の成績がいいことがわかった。

その理由は「運動による脳機能の向上」と「誠実性」が関係していると考えられる。

だからこそ、いかに「運動」を習慣的にやるのかがポイントになる。

お勧めの習慣化のテクニックとしては

  • イフゼンルール
  • 記録
  • パートナー

この辺りのテクニックがおすすめで。

ジムに物理的に通えないのであれば、時間飢饉と向き合い時間を捻出するか、「朝活」として散歩やランニングなどの軽い運動を取り入れるといい。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする