このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

デブは仕事ができないって本当か?肥満体系の知られざる闇とは。

今回はタイトルにある通り。

「デブは仕事ができない」ということが巷ではささやかれますが、このことに関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

結論から先に伝えておくと、デブは仕事ができない可能性が高い、ということが分かっていて。

その理由として「肥満体系の人は時間間隔へのゆがみがある」ということが分かっています。

肥満体系の人は時間感覚がゆがんでいる

まずは根拠から伝えていくと。

これはメッシーナ大学が2019年行った研究がもとになっていて。

この論文では92人の肥満体系の人と182人の標準体型の人を集め、肥満体系と普通体系の2つのグループに分けます。

そのうえで、ある実験を行っていったわけですが、その実験というのがコンピューター上に黒い円を映し出して被験者に見てもらいました。

その黒い円というのは、1~12秒間隔で緑の円に変わり、また戻るというものでした。

イメージしやすいのは、テレビ番組なんかにある「アハ体験」のようなものをイメージするとわかりやすいかと。

「徐々に変わった個所はどこでしょう?」とクイズ番組やIQ測定番組なんかで出される問題があるかと思いますが、イメージはそれに近いですね。

メッシーナ大学では黒い円から緑の円に変わる、というものだったわけですが、それを両者のグループに見てもらい、「黒い円が緑の円に変わるのに何秒かかったか?」という質問をしていきました。

その結果面白いことが判明して。

肥満体系の人のほうが、目からの情報、いわゆる視覚評価を過大評価する傾向にあることが確認されました。

つまりどういうことかというと、デブの人のほうが「時間を長く感じる」ということで、「本当の時間との感覚がゆがんでいる」ということが分かったんですね。

肥満の人はやる気がなく先延ばしにしがち

ただ。

確かに「時間感覚がゆがんでいる」ということはまずいが、「時間を長く感じる」のであれば、デメリットというかメリットのようにも感じます。

ここからがこの研究の面白いところで、研究者は全く真逆のことを指摘しています。

そして、この部分が「デブは仕事ができない」というところにつながってくるので解説していくと。

僕ら人間を行動に駆り立てたり、訴求したりするために大きな力を発揮するのが「時間」です。

締め切りが来週に迫っていたり、プレゼンが明日に控えているとしたら、何が何でも仕事をこなすでしょう。

要するに、僕ら人間は「時間」が、行動を促す原動力になりえる、ということ。

ただ、先ほども伝えた通り、デブや肥満といわれる人は、視覚評価を過大視するため、時間を長く感じてしまう。

そうなると、締め切りが来週だろうが、プレゼンが明日だろうが、「きっぱくした時間」が訴求する効果を弱らせるため、先延ばしにつながってしまう。

例えるなら、標準体型の人が来週を7日後と認識しているとすると、デブや肥満体系の人は15日と認識している。

大げさに言えば、そんな感じでしょうか。

こうした時間間隔のゆがみから来るデメリットをメッシーナ大学の研究者は懸念しているとコメントしているわけです。

また例えば、もうすぐ夏が来るから引き締まった体になりたいと思い、ダイエットなどをやろうと決意する。

これが「3か月後」であれば、やる気は出るが、1年後となればモチベーションは湧かない。

新年の抱負として「今年1年はこれをやろう」という目標なら1年間通して頑張れるが、「10年後はこれをやろう」という目標なら、途中で見失ってしまう。

時間というものがあるからこそ、モチベーションややる気を産み、行動を訴求させる。

その感覚が長ければ長いほど、先延ばしや後回しにしてしまう。

つまり時間感覚がゆがんでいるということは、

  1. モチベーションややる気
  2. 後回しや先延ばし
  3. 行動力

これらに密接にかかわっているわけです。

「やる気がなく、なんでも後回しにして、行動力がない」

こういう人が仕事が出来るといえるか。

まあ、間違いなく就職面接では落とされるでしょうし、一緒に仕事をしたいとは思えないでしょう。

つまるところ、デブは仕事ができないということにつながっていってしまうわけです。

今肥満の人にオススメな食事と運動法

では最後に。

デブと知り合いから言われなくても、肥満体系の可能性がある。

「どこからがデブなのか」ということを気になっている人もいるかと思います。

KEISAN

こちらのサイトで、BMIを計算することが出来ます。

身長と体重を入力すれば、BMIを算出してくれ、そのBMIの数値から「標準」「肥満体系」というように、カテゴライズしてくれますので、すぐに自分がデブかどうかを割り当ててくれます。

そのうえで。

もし仮にデブだった場合、仕事ができないor時間感覚がゆがんでいる可能性があるので、早急に改善したほうがいい。

その際に重要になってくるのが「食事」と「運動」、それに2つを「習慣化」させる方法です。

まあこれはよく言われることですが、科学的に効果があるおすすめの食事と運動習慣化のテクニックを紹介しておくと。

楽してダイエット!食事制限もカロリー制限もせず体重を落とすリーンゲイズ法。

まず食事に関しては、上記記事でも解説していますが、イリノイ大学でも提唱されている「プチ断食」がおすすめ。

「空腹こそ最強のクスリ」を要約し解説!&本書を読んだ感想レビュー!

「空腹こそ最強のクスリ」という本の中でも紹介されていますが、プチ断食をするとダイエット効果以外にも、オートファジーという反応が体に起こり、細胞の中にあるゴミを輩出しエネルギーを燃焼してくれます。

健康になりながら痩せる、という意味ではプチ断食はかなりおすすめなので、「イリノイ大学の研究を紹介した記事」、または「空腹こそ最強のクスリ」を見てみるといいと思います。

次に「運動」ですが、これはノルウェー式HIITがおすすめ。

老化を防ぎ細胞レベルで若返る本当に効果のあるアンチエイジング法はこれ。

ノルウェー式HIITに関しては上記の記事で紹介していますが、ザックリ解説しておくと。

メイヨ―クリニックが行った研究で証明されている運動法で、最大心拍の80%の運動を4分間行い、3分休憩するというサイクルを4セット行う運動法。

このことにより、体内のミトコンドリアがより活性化することが分かっていて、細胞レベルで若返ることが判明しています。

結構きつい運動ですが、効果は絶大な運動法なので、ぜひ試してみてください。

そして習慣化ですが、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ジム通いを習慣化する5つのおすすめテクニック集とは。

特にこの5つの習慣化のテクニックのうち、

  1. イフゼンルール
  2. 記録

この2つはマジでオススメです。

まとめ

少し長くなってしまったので、最後にまとめておくと。

Q.デブは仕事ができないのか?

A.デブは仕事ができない可能性が高いと考えられる。

その理由は、肥満体系である人のほうが時間感覚がゆがんでいるため。

メッシーナ大学の研究により、肥満体系である人のほうが視覚評価を過大視する傾向にあり、時間感覚が長いことが分かっている。

そのことから、時間による訴求効果が弱まり、やる気やモチベーションの低下につながり、後回し、先延ばしなどが起こっている。

やる気やモチベーションが湧かず、問題を先延ばしにしたり、仕事を後回しにする人が仕事が出来るとは言わないため、逆説的に「デブは仕事ができない」といえる可能性が高くなる。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする