このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

この記事は「無能な自分が嫌い」だと感じている人には必ず見て欲しい。

結構面白い論文を見つけました。

結構多くの人が「自分が無能」っていう風に勘違いしていて、そんな自分を好きになれないっていう人が多くいて。

僕も含めてなんですけど、そんな風に思ってしまうこと自体嫌で。

ただ。アメリカのドミニカ大学の研究だと「社会的に成功している人でさえも、およそ70%の人が自分は無能である」と感じているって研究が出ているんですね。

なので、「無能な自分が嫌い」っていう人は、そこまで落ち込む必要はないのか持って言う話を知ったのでシェアしておこうと思います。

根拠

この「無能な自分が嫌い」っていうことを科学的には「インポスターシンドローム」という風に言うそうで。

このインポストターシンドロームっていうのは、本当は優秀で力もあり、スキルもあるのに、「自分は無能だ」って自分自身のスキルや力を認めてあげることができない人のことを指します。

例えば、スキルや能力があり本来は有能なのに、「たまたまうまくいっただけ」だとか、「運がよかっただけ」だとか。

あとは「周りに支えてもらっただけ」という風に、自分の力を正当に評価するのではなく、自分の評価を極端に下げ、自信を持てない状態のことを「インポスターシンドローム」という風に指します。

んで。

多くの人は、自分が評価する以上に無能ではないことが大半。

その人がいたおかげでタスクが終わったり。

プロジェクトを成功することができたり。

でも、自分で自分のことを認めてあげられない。

要するに、スキルや能力に限らず「自分自身」に問題があるケースが多いということですね。

そして、この能力と感情とが反比例しているケースをインポスターシンドロームというわけです。

その証拠として前出した通り、ドミニカン大学の調査では社会的に成功している人でも、このインポスターシンドロームをおよそ7割の人が抱えているという風に発表しています。

特徴

そしてこのインポスターシンドロームの特徴を6つのポイントとして、レディーヤング教授が紹介しています。

もし仮に1つでも当てはまる場合は、本当に無能ではなく、「無能な自分が嫌」というようなインポスターシンドロームに当てはまるとされています。

  1. なし得た成功は騙して掴んだ
  2. 無能がバレると思い込んでいる
  3. 大きな成功を手にしているのに、小さな失敗にばかり着目してしまう
  4. 本当は自分しかできないことなのに、誰でもできると思い込んでしまっている
  5. 成功したのは運がよかったからだ
  6. 他人のアドバイスを、自分への批判だと受け取ってしまう

おおよそこの6つのいづれかが当てはまると、インポスターシンドロームと呼ばれる「有能なのに無能である」と思い込んでしまっている人に見られる症状とされています。

改善方法

じゃあ、実際に「どうやって無能な自分が嫌い」という人が直していけばいいのか。

ジョージアナ州立大学なんかでは、「インポスターシンドロームの人は、失敗を極端に恐れている」という風に発表していることから、「完璧主義」であることが、その大きな原因じゃないかとされています。

完璧主義だからこそ、失敗を恐れるあまり、余計頑張る。

そして行動すれば、当然失敗を起こす比率も上がるため、より頑張ろうとする。

このような行動サイクルだとジョージアナ州立大学では訴えているわけです。

つまり、自分で自分を認めてあげられないからこそ、どんどん自分を追い込んでいってしまうというのが、このインポスターシンドロームの人の行動サイクル。

ですから、解決策として考えられるのは、「失敗に対する捉え方」から改善していくのが吉とされています。

応用方法

まず1つ目にあげられる改善方法は、先ほども出た「完璧主義をやめる」ということ。

失敗に対する捉え方の問題が大きくある、このインポスターシンドロームは「失敗に対する考え方」を変える必要があります。

完璧主義とは、一切の失敗を許さない考え方が元になっているため、どれだけの成功を収めたとしても「1つの失敗」によって全てが帳消しになってしまいます。

ただよく考えてみると、大きな成功と小さな失敗とでは、はるかに大きな成功の方に価値があり、小さな失敗は「成長の過程で生まれたゴミ」にすぎません。

むしろこの小さな失敗があったからこそ、大きな成功を生み出せたわけなので、「ゴミをリサイクル」して作り出したのが「成功」な訳です。

完璧主義に徹してしまうと、100の成功よりも「1の失敗」の方に目がいってしまうため、まずこの完璧主義を捨てるところから始めるのがいいのかなと思います。

応用方法2

もう1つがセルフコンパッションを高める方法。

心理学では無理にポジティブになろうとしては絶対にいけない理由。

この記事でも詳しくセルフコンパッションを高める方法を書いていますが、要するにセルフコンパッションとは「自分自身を受け入れる」ことをベースにした考え方です。

そもそもこのインポスターシンドロームの原点は「自分を受け入れる」というところがベースになっていて「成功しているのに自分を受け入れられない」から、無能だと勘違いし、感情とスキルとが反比例してしまう現象。

だからこそ、「ありのままの自分を受け入れる」という視点から改善していくのも1つの方法なわけで、そのありのままの自分を受け入れるというのが、まさしく「セルフコンパッション」の考え方です。

上記記事で、自分を受け入れるための方法を4つ挙げているので是非参考にしてみてください。

応用方法3

あと最後は「客観的に判断してくれる人に相談する」というのも無能な自分が嫌だと勘違いしてしまっている人に有効な方法だと思います。

この無能な自分が嫌というのは、往々にして「本当は有能である」ことが多いことは前出した通り。

ただ、自分が客観的に見えてないことが原因で、「逆えこひいき」を自分にしてしまっていることが原因です。

つまり、客観的に判断してくれる人に評価を仰ぐことが、このギャップを正してくれる方法になるということ。

信頼できる友人に聞いてみるもよしだし、尊敬できる上司に相談するもよしだし。

自分という人間を、自分一人では客観的に判断できないものです。

つまり「無能である」ことは、自分では判断できないということ。

だから客観的に判断できる「信頼できる他人」に評価をしてもらうことで、「正しいジャッジ」をもとに、再評価を下すことができるというわけです。

まとめ

インポスターシンドロームの改善方法

  • 完璧主義を捨てる
  • セルフコンパッションを高める
  • 信頼できる他人に相談する

まとめるとこんな感じです。

最後の方にも触れましたが、人間とは自分自身を客観的に判断することはできません。

つまり、「自分は無能である」ということを、自分自身では判断ができないということ。

本当は周りから認められ、能力が高いのにも関わらず、「スキルがない」と思い込んでいるのも、同様です。

そして、本当の意味で「客観的に」判断して、自分を認めてあげられるようになってくれば、自然と治っていくことかと思います。

是非3つの方法を試して行って欲しいと思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする